決定版12月のお花の売り方

1、12月は花屋で一番売れる月

 

どの業種でもその傾向が強いが、

花屋も12月が一番売れる。

花屋も、さほどでない月と、繁忙月が極端である。

12月、3月、5月が忙しい。

12月と3月は、最初から最後まで忙しい。

5月は「母の日」一発。

それでは、12月の売り方を、

1日から10日までの上旬、

11日から20日までの中旬、

21日から31日までの下旬に分けて見てみよう。

2、12月上旬(1日~10日)

上旬の成否は、お歳暮の取り組みの巧拙である。

お中元の頃は、花業界は分かりやすいギフトの好適品が少ない。

お歳暮は、シクラメンとシンビジウムというギフト好適品がある。

一般的に、お歳暮で売れる価格は3000円。

次は5000円であろう。

でも、ビールや食用油も芸がない。

もらって嬉しいのは、花である。

シクラメンだと、送料箱代込で、5000円から6000円程度。

持ち帰りなら4000円程度で収まる。

要は、他の物でなく花・シクラメン。シンビジウムを贈ろうという気づきを、

感じて貰うこと。

だから1個2個並べるのではなく、

シクラメンなら3000円~6000円程度の商品を、

10個は並べたい。

お歳暮好適品というPOPもしっかり付けておく。

シンビジウムは、1ランク上のギフトになる。

価格で7000円・8000円から1万円超えまで。

花を買うお客様は、そもそもアッパーレベル。

5000円から10000円程度のシンビジウムを10本は並べておく。

お歳暮は、1軒のお宅で、何件か贈ることが多い。

いい商品・いい提案が出来れば、

一人のお客様に複数個買ってもらえる可能性がある。

このお歳暮の提案をするかしないか、

出来る出来ないで、売上が相当程度変わってくる。

12月上旬は、お歳暮の成功如何が、売上如何となってくる。

2、12月中旬(11日~20日)

12中旬は、上旬に比べると売上は落ちる。

お歳暮用途の需要が一巡するからである。

しかしながら、お歳暮は遅くなる傾向があり、

少し単価を落として、売り場を作る必要がある。

5000円狙いのシクラメンがベスト。

中旬は、何と言っても、シクラメンで売上を稼ぐ。

「一家に一台シクラメン!」というほど、

シクラメンは国民的人気がある。

年間の鉢物で、圧倒的に一番売れる。

20日まで出荷が多い。

お歳暮需要が一巡しているので、

市場価格が、少し下がっている。

1つ1000円~2000円で拡販する。

1日10も20も売る。

この価格帯で、お歳暮に使われるお客様もいらっしゃる。

シクラメン・バンバン週である。

3、12月下旬(21日~31日)

下旬からは、24日まで売り場を切り花主体に切り替える。

シクラメンやシンビジウムは売り減らして行く。

肝腎の切り花を置くスペースを、広げて行く。

24日のクリスマスイブに向けて、赤いバラ・カスミソウなどの、

洋花・花束材料強化する。

25日からは、いち早く正月売り場に切り替える。

松市、千両市、南天・葉牡丹・梅市で仕入れたものを、

しっかり並べる。

早く見せたほうが勝ち。

もちろん仕入れてすぐに、奥に並べておいていい。

なんせ、通常の花屋は、年末が一番売れる。

お客様も、少なくとも正月だけは、花を飾る。

それも、玄関、居間、応接間、座敷などに。

だから、買う量が多い。

お正月に相応しい、季節のお花が豊富。

松、千両、梅、ボケ、南天、蝋梅、葉牡丹、水仙など。

大体、28日は通常の6倍、29日も6倍、

30日は7~8倍、31日でも3倍。

この3日間で、3週間分以上売るのである。

尋常ではない。

人員の手配、臨時ストック場所の手配など、

事前準備周到にしなければならない。

いろいろな種類の花が必要だし、価格も高くなるので、

予約相対を上手に活用し、競りも上手に使って、

同じ分量の花を、なるべく安く買わないと、

いい商売は出来ない。

12月は、最大勝負の月。

健康管理に留意して、

全員笑顔で、口角上げて商売しないといけません。

日本一の花屋づくりプロデューサー阿部憲資1日1分読むだけで花屋の開業手順がわかる!成功するお花屋さん夢実現・開業支援メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加