花屋 家賃と売上の関係?


 店舗物件を探す時に、家賃は気になるところです。

店舗賃料は、初期に保証金・敷金、礼金、前家賃、

不動産仲介手数料などのベースにもなりますので。

しかしながら、あ、安い物件があった!と喜んでばかりはいられません。

今日は、店舗賃料について述べてみたいと思います。

 

1、店舗賃料とは何か?

かりに、20坪の店舗で、店舗賃料が30万円だとします。

坪賃料15000円×20坪ということです。

坪賃料は何で決まってくるのでしょうか?

例えば、吉祥寺の駅近くなら、坪10万円。

自由が丘や、下北沢の駅から1〜2分のところで、坪6万円。

八王子駅北口の駅近くでも、坪6万円。

八王子のドン・キホーテ過ぎたあたりのユーロードでは、

坪15000円前後。

わが八日町では坪10000円前後。

同じ甲州街道沿いでも、追分~西八王子の間だと、坪5000円程度。

何となく、想像出来ますね。

坪賃料とは、難しく言えば、そこのエリアの生産性。

簡単にいうと、そこのエリア、物件の売りやすさの度合いだと言えます。

吉祥寺の店前通行料50000人/1日のところと、

西八王子の店前通行料1000人/1日のところ。

随分売りやすさが違いますね。

それが、坪賃料10万円と、坪賃料5000円の違いになるのです。

ですから、家賃が安いと言って単純に喜ぶ訳にもいきません。

坪賃料の高いところは、その見合いで売りやすく、

坪賃料の低いところは、一般的に売りづらいからです。

 

2、店舗賃料と売上のバランスが大切

大体、経営が上手くいくためには、

家賃比率は売り上げの10%が一つのメドです。

先程の例のように、月30万円の家賃なら、

月300万円、1日10万円の売上が欲しいところです。

同じエリアで、同じ広さなら、大体賃料は同じです。

家賃30万円を払うなら、何がなんでも300万円の売上を確保する。

そのためには、売るのに有利な物件。

・間口が広い。

・物件がセットバックしていて、前に商品を並べられる。

・物件が北向きである。最悪東向き。

・駐輪スペースがある。

・駐車場がある。あるいは、提携駐車場がある。

など、より有利な物件を探すことが、重要です。

30万円の花屋で300万以上売ることも可能ですし、

下手すると、200万円も売れないこともあります。

ちなみに日本フラワー本店は、

22万円の家賃で、月500万円以上売ります。

自分の理論・マニュアルどおりのお店です。

 

 

日本一の花屋づくりプロデューサー阿部憲資1日1分読むだけで花屋の開業手順がわかる!成功するお花屋さん夢実現・開業支援メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事