店舗立地 後背地|お客様はどこから来るのか?

1、お客様はどこからくるのかー後背地

自分のお店のお客さまはどこにいるのか、どこから来るのかと考えることは重要です。

日本で駅の乗降客数が一番多いのは新宿駅、二番は池袋駅。

新宿駅に来るのは、山手線、中央線、総武線、埼京線、りんかい線、中央本線、小田急線、京王線、丸ノ内線、大江戸線など。

池袋駅に来るのは、山手線、埼京線、西武池袋線、東武東上線、丸ノ内線、有楽町線など。駅でみると、そのように他方向から人が来る。


当然、新宿の伊勢丹や小田急百貨店、池袋の西武百貨店、東武百貨店のお客様はその路線沿線の人が多いでしょう。


では、町の中のお店、あなたのお店のお客様はどこから来やすいのか。お店の位置によって違うでしょう。良く考えて見て下さいね。


まずは、大体半径5~10分以内のところ。これは徒歩だったり、自転車だったり。あとは、自分のお店から見て、下り方向から多く人が来る。


お客様からみると、自分の家から上り方向に買い物に行く。

 

分かりやすくいうと、買い物する時は駅のある方向に向かうのである。


大体人は、上り方向に行くのが習性。

 

上り方向が目的地で、下り方向は帰り道。

 

目的地は駅だったり、新宿駅だったり、横浜線駅だったり、近くの大きいスーパーだったり病院だったり。

 

これは、主に朝と昼の話し。

 

あるいは、土曜日、日曜日の話し。

 

家から買い物に行く場合の話しである。


通学、通勤時はもちろん流れが逆になる。

 

駅から家に帰るのである。

 

早く帰りたいので、駅の回りで買い物して、バスで帰る。

 

2、日本フラワーの立地条件

わが店、日本フラワーも、JR八王子駅北口から1キロちょっと。

 

駅方向から来るよりは、当然自分の店から西北方向4~5キロぐらいからの来客が多い。


そちらの方に住んでいる人が圧倒的に多いのです。

 

八王子北口のバス路線60路線のうち、50路線がお店の前を通る。

 

駅から距離がある割には、後背地が広い。

 

商圏人口が多いのである。

 

おまけにバス停の前。


甲州街道をちょっと下ると、大きな交差点(右折方向16号)、そして秋川街道、陣馬街道。

 

そういう分岐点を越えて行くと、バス路線60路線が5~6路線になる。

 

その間、バス停3つ分。バス停3つ行くだけで、極めてさびれる。

 

ちょっとした立地の取り方で、売れやすい場所と売れにくい場所に分かれてしまうのです。


川の水量でいうと、中流と下流で5倍違うという話しと同じです。

 

店は、素直に、多く人が来やすい場所が良い。

 

川があったり高速道路があったりすると、


後背地と分断されてしまいますよ。

 

分断するものは、大きな障害物。次回、お話します。

【阿部憲資略歴】

 

1996年 東京立川に花屋1号店オープン

      以降、計30店舗の花屋開設

2001年 株式会社 花良品 代表取締役社長

2001年 日本フローラル協会理事

2007年 株式会社フラワー総研 代表取締役

      現在に至る。

 

【著書(共著)】

「お花屋さんマニュアル」1~4誠文堂新光社

「花屋さんの仕事 基本のき」誠文堂新光社

 

【TV】

テレビ東京「日比谷花壇 vs 花良品」(30分特番)

テレビ朝日「花良品 vs 青山フラワーマーケット」(30分特番)

NHKBS 「花良品の鮮度保証販売」(5分特集)

 

日本一の花屋づくりプロデューサー阿部憲資1日1分読むだけで花屋の開業手順がわかる!成功するお花屋さん夢実現・開業支援メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事