「花言葉」の起源について

花は、文化の一つの象徴です。

その花が持っている、独特のニュアンス。

その花が背負ってきた、歴史。

いろいろな要素があって、

「花言葉」があります。

花を人にあげる時に、その花がもつ「花言葉」の意味が気になりますよね。

 

「花言葉」は、19世紀初頭のフランスの貴族社会で、

もっとも流行になったとの歴史があります。

草花の性質にことよせて、恋人の美しさを賞賛したり、

あるいは、不実や裏切りを非難するといった、恋愛の駆け引きのために、

参照したと言われます。

それは、7世紀、8世紀の万葉集でも同じですね。

万葉集でも、花に託して、

男女が恋を詠み合う。

日本の古来からの四季折々の花。

日本の文化レベルは、古代から高いですね。

この伝統は、今の日本でも、

希薄ですが、繋がっています。

花屋の店先で、この花の花言葉は何ですか?

とよく聞かれますので。

余裕のある方々と、そうでない方。

言い換えれば、お花に縁のある方と、無い方とに、

分化されているんでしょうね。

切り花は、日本では、年間4割の世帯しか購入されません。

購入される世帯では、平均、年間1万円ほど買われています。

花を愛でる生活の人と、

花の無い乾いた空間にいる人。

ここの、ギャップは大きいですね。

話がそれました。

さて、ここで、花言葉の命名の手法を見てみましょう。

1、植物の性質・特徴による、花言葉の意味づけ

花言葉の第一は、その植物の外形や香り・生態といった、

植物の性質・特徴を言葉で表現しようとする姿勢。

例えば、ブラックベリーについて、自らの観察のもとに

「一目を避けるように生え、ひとたび口にすると、

苦さだけが残る」とした上で、花言葉が「嫉妬」と名付けられたような

手法です。

 

2.文化史的伝統・伝承を、花言葉に意味づけ

特に、西欧社会で草花が積み重ねてきた文化史的伝統を、一つの単語に凝縮して形容するものです。

例えば、古代ギリシアの伝統を参照しながら月桂樹に「栄光」の花言葉をあてたり、

聖書の記述をひいて、オリーブの花言葉を「平和」にしたり。

 

この二つのスタイルは、1819年ごろに出版された、シャルロット・ド・ラトゥールの

「花言葉」という花言葉辞典の出版以降、伝統となっていった。

こういった、フランスの貴族社会から発した「花言葉」は、

ビクトリア朝の庭園文化にも、一つの文化として伝承されていきました。

 

3、日本の花言葉の歴史

花言葉を利用して草花を楽しむ習慣が日本に輸入されたのは、明治初期とされます。

当初は輸入された花言葉をそのまま使っていましたが、日本独自の花言葉も

盛んに提案されるようになってきています。

園芸産業が広がり、新しい品種の花が誕生すると、

その開発者(種苗会社や個人)自身が、花言葉を命名しています。

また花言葉を消費者から募集したり、販売会社が命名したりしています。

 

               -参考 ウィキペディアー

 

【阿部憲資略歴】

 

1996年 東京立川に花屋1号店オープン

      以降、計30店舗の花屋開設

2001年 株式会社 花良品 代表取締役社長

2001年 日本フローラル協会理事

2007年 株式会社フラワー総研 代表取締役

      現在に至る。

 

【著書(共著)】

「お花屋さんマニュアル」1~4誠文堂新光社

「花屋さんの仕事 基本のき」誠文堂新光社

 

【TV】

テレビ東京「日比谷花壇 vs 花良品」(30分特番)

テレビ朝日「花良品 vs 青山フラワーマーケット」(30分特番)

NHKBS 「花良品の鮮度保証販売」(5分特集)

日本一の花屋づくりプロデューサー阿部憲資1日1分読むだけで花屋の開業手順がわかる!成功するお花屋さん夢実現・開業支援メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事