花屋開業 成功するお店の選び方ーお店のサイズ

1、お店のサイズ

花屋ですと、店のサイズは20坪は欲しいところです。

ほとんどの花屋は10坪前後。同じ10坪では、充分に品揃え出来ません。

品揃え出来ない同志、低いレベルで競合します。

 

20坪あれば、切り花ほとんど、ギフト用のラン、家庭用の鉢・苗などが、ある程度品揃え出来ます。

2、品揃えが重要

 

店舗で重要なのは、品揃え。ほとんどの花屋は胡蝶蘭が2~3個、あるかないか。この中で選んでなんて、不遜ですよ。
お客様は、10とか30、50以上の店で選びたいですね。切り花でも同様です。チューリップが赤しかない店と、ピンク、黄色、オレンジ、白が揃っている店。


当然、品数の多いところに行きます。商売は常にお客様目線でしなければなりません。


自分がお客様だったら、どのようにして欲しいかを考えるほうが先です。


ただ、先立つものはお金であるのも事実。

 

一坪いくらという世界ですから、なるべく広く、人通りが多く、払える範囲のお店を探すしかありません。


自分で事業計画たてて、売上、利益の見込みをたて、その家賃が払えそうならば、店のサイズは大きいほうがいい。

 

品揃えが最重要ですよ。


置いてないもの、売れませんから。

 

【阿部憲資略歴】

 

1996年 東京立川に花屋1号店オープン

      以降、計30店舗の花屋開設

2001年 株式会社 花良品 代表取締役社長

2001年 日本フローラル協会理事

2007年 株式会社フラワー総研 代表取締役

      現在に至る。

 

【著書(共著)】

「お花屋さんマニュアル」1~4誠文堂新光社

「花屋さんの仕事 基本のき」誠文堂新光社

 

【TV】

テレビ東京「日比谷花壇 vs 花良品」(30分特番)

テレビ朝日「花良品 vs 青山フラワーマーケット」(30分特番)

NHKBS 「花良品の鮮度保証販売」(5分特集)

日本一の花屋づくりプロデューサー阿部憲資1日1分読むだけで花屋の開業手順がわかる!成功するお花屋さん夢実現・開業支援メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事